現在位置: ホーム ja 基礎物理学研究所 生命とは何か?

01 - 生命とは何か?

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course image

担当教員

村瀬雅俊准教授

レクチャー
前期 / 週1回 / 1.5h

この授業へのご意見をお聞かせください。

授業の紹介

京都大学基礎物理学研究所は、日本人としてはじめてノーベル賞を受賞された湯川秀樹博士を初代所長に迎え、我が国初の全国共同利用研究所として1953年に設立された。半世紀以上の歴史をもつ本研究所で、京都大学1回生向けの全学共通少人数セミナーが開講されるのははじめての試みである。その最初の年の受講生は、理学部、農学部、工学部、総合人間学部、文学部、法学部の学生から構成されている。その総勢は、11名(内、女子学生2名)を数え、ほぼコンスタントにセミナーへ参加している。また、6月19日からは、ハーバード大学からの女子留学生が新たに参加することとなり、英語での講義に切り替えることになった。トップページの写真は、その際の集合写真とセミナー風景のスナップである。
1990年代に、我が国を嵐のように駆け巡った教養部廃止に端を発した、要素還元論的、専門分化型学問への偏重への危惧から、私はあえて人類の永遠のテーマである「生命とは何か?」をセミナーの科目名として選ぶことにした。その意図は、自然科学と人文科学の統合、西洋科学と東洋哲学の融合にある。そして、このセミナーを文字通りの体験学習の場として、活用することを目指した。ほとんどの学生は毎回出席し、かつ非常に快活に議論に参加しているのが現状である。
この度、京都大学オープンコースウエアにて、本セミナーの講義ノートを公開させていただくことになり、みなさまからのご意見を多数お寄せいただければ幸いである。2007年10月には、湯川博士生誕100年を記念して、「生命とは何か?」をテーマとした国際会議を主催する。ご参考までに、本国際会議のポスターとプログラムも付録として掲載している。本セミナーの参加学生の何名かは、はやくも参加登録を済ませており、世界最先端の学際研究討論の現場を目の当たりにすることになる。こうした機会を新入生に提供できることこそ、本学に付置されている全国共同利用研究所ならではと思う。異常とも思える効率性・生産性重視の風潮にあって、あえて「生命とは何か?」という根本問題に立ち返る勇気とゆとりを失いたくないものである。

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。