現在位置: ホーム ja 公開講義 第48回人環国際交流セミナー「三人の日本のランボー: 石川啄木・宮沢賢治・中原中也」イブ-マリ・アリュー (Yves-Marie Allioux) 先生

084 - 第48回人環国際交流セミナー「三人の日本のランボー: 石川啄木・宮沢賢治・中原中也」イブ-マリ・アリュー (Yves-Marie Allioux) 先生 , 2014

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

第48回京都大学大学院 人間・環境学研究科 国際交流セミナー

三人の日本のランボー:
石川啄木・宮沢賢治・中原中也

Yves-Marie Allioux(イブ-マリ・アリュー)先生
元ストラスブール大学、トゥールーズ大学講師
京都大学 人間・環境学研究科 客員准教授

2014年4月28日

講演ビデオ→

概要

石川啄木・宮沢賢治・中原中也、この3人の日本の大詩人は、しばしば、日本でもフランスでもランボーと比較されている。しかしながら、3人も日本にランボーがいて、さすがに少し度が過ぎるのではなかろうか。いずれにしても、私がこの日本の3人の詩人とフランスの詩人アルチュール・ランボーを結びつけて考察しようと思ったのは、決してそれらの想像力を一つの側面に限定しようとする意図からでもなければ、ヨーロッパ中心の解釈を押しつけようとするものでもない。