現在位置: ホーム ja 公開講義 第6回全国高等学校情報教育研究会全国大会基調講演 西垣通(東京大学名誉教授)

067 - 第6回全国高等学校情報教育研究会全国大会基調講演 西垣通(東京大学名誉教授)

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク

基調講演
「文と理をむすぶ情報教育――基礎情報学からのアプローチ」

講演者:西垣 通(東京大学名誉教授/東京経済大学コミュニケーション学部教授)

京都大学時計台百周年記念ホール
平成25年8月9日(金)

 

【分割したご講演映像】
パート 概要 リンク
1/13 導入:曲がり角を迎えた情報教育 ビデオ
2/13 西垣先生のご経歴 ビデオ
3/13 情報に関する諸概念の混乱 ビデオ
4/13 情報とは何か:文理での定義の溝 ビデオ
5/13 基礎情報学の特徴:主観世界と客観世界をむすぶ ビデオ
6/13 Autopoietic System の発展としての Hierarchical Autonomous Communication System ビデオ
7/13 コミュニケーション・情報・メディアの相互関係 ビデオ
8/13 ボトムアップの「集合知」:事例を交えて ビデオ
9/13 集合知が正しい理由 ビデオ
10/13 集合知は万能ではない ビデオ
11/13 これからの集合知活用:特に科学研究において ビデオ
12/13 集合知活用の例:カスパロフ vs ワールド ビデオ
13/13 まとめ:望ましい情報教育とは ビデオ