現在位置: ホーム ja 国際会議 第19回京都大学国際シンポジウム-東日本大震災の健康リスクを考える-

33 - 第19回京都大学国際シンポジウム-東日本大震災の健康リスクを考える-

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

第19回京都大学国際シンポジウム
-東日本大震災の健康リスクを考える-

2012年7月27日(金曜日) 13時00分~18時00分
百周年時計台記念館百周年記念ホール

主催:京都大学
共催:ハーバード大学
協賛:京都大学環境衛生工学研究会
後援:公益財団法人 京都大学教育研究振興財団
公益財団法人 関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団

ビデオ

概要

東日本大震災からいかにして人々が人間らしい生活を取り戻したかを、健康リスクを中心に紹介する。最先端の研究をリードしてきたハーバード大学と京都大学の研究者が共同して、工学(環境工学)と医学(公衆衛生学)の異なる観点から検討・検証を行い、知識を結集させる。地域や学術分野の枠を超え、それぞれの知識を融合させることにより、わが国の復興施策について改めて考え直す機会を提供する。さらには、近い将来に発生するとされる次の震災にこれらの知識と経験が、どのように活用されるべきかについても紹介する。