現在位置: ホーム ja 理学研究科 (〜2010年)化学統計論1

02 - (〜2010年)化学統計論1

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
主として凝縮系における化学反応の量子統計力学的な取り扱いについて解説する。学部レベルの基礎事項と最新の原著論文との間のギャップを埋める内容を提供する。
Course image

担当教員

安藤耕司 准教授

レクチャー
1回 / 1.5h

アンケート
このコースのアンケートをお送りください

授業の特色

主として凝縮系における化学反応の量子統計力学的な取り扱いについて解説する。学部レベルの基礎事項と最新の原著論文との間のギャップを埋める内容を提供する。

授業の紹介

身近な化学反応の多くは液相、固相、生体環境などの凝縮相で起こる。分子集合体の振舞いを記述するには、統計力学的な取り扱いが不可欠となる。気相中の単分子反応であっても、複雑な構造を持つ多原子分子であれば、統計性が重要となる。本講義では、化学反応の古典および量子統計力学的な取り扱いの基礎を概説する。

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。