<bound method Course.getCourseId of <Course at /ocw/ja/general-education-jp/thermodynamics>> - (〜2010年)熱力学, <bound method Course.getTerm of <Course at /ocw/ja/general-education-jp/thermodynamics>>

物理学、工学、物理化学等に必要な熱力学について講義を行う。特に、高等学校では扱わない熱力学第二法則とエントロピーの導入に主眼が置かれる。初学年でも受講可能にするために、初回に必要な数学的準備も行う。

Course Image

担当教員

冨田博之 教授

レクチャー
週1回 / 1.5h

この授業へのご意見をお聞かせください。

授業の特色

物理学、工学、物理化学等に必要な熱力学について講義を行う。特に、高等学校では扱わない熱力学第二法則とエントロピーの導入に主眼が置かれる。初学年でも受講可能にするために、初回に必要な数学的準備も行う。

授業の紹介

我々の身の回りの巨視的な物質系は、必ず熱現象をともなう。熱現象は、物質系を構成する原子・分子の微視的な力学法則とは異質な法則性を持つ。巨視的な系は無数の原子・分子から構成され、その原子・分子は追跡不能の振舞いをしているにもかかわらず、系の巨視的な振舞いはきわめて単純な法則に従う。これを体系化したのが熱力学である。温度、相、非可逆性などはすべて、巨視的な系で初めて成り立つ概念である。中でもとりわけ重要な概念は、エントロピーである。熱い物体は放置すれば必ず冷める、あるいは気体は放置すれば必ず広がる一方であるという物理化学における非可逆性の概念と、熱効率100%のエンジンは実現不可能であるという熱工学的な経験が、エントロピーの導入により統一して理解することができたという、科学史上の重大な発見に力点を置いた講義である。

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。

Citation: fujioka. (2017, June 22). (〜2010年)熱力学. Retrieved September 22, 2017, from Web site: http://edit.ocw.kyoto-u.ac.jp/ja/general-education-jp/thermodynamics.
Copyright 2012, by the Contributing Authors. This work is licensed under a Creative Commons License. Creative Commons License