現在位置: ホーム ja 全学共通科目 (〜2010年)地球環境政策論1B:企業と市民社会の対話と協力(公開講義)

43 - (〜2010年)地球環境政策論1B:企業と市民社会の対話と協力(公開講義)

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
環境経営・環境政策をテーマに、企業トップ、環境NGO、有識者によるリレー講座として実施。全学共通科目であるとともに、公開講座でもある。実社会における環境問題への取り組みを素材とし、持続可能な社会の形成を考えることが本講座の目的。
Course Image

担当教員

リレー講義

小林 陽太郎  岡部 敬一郎  福地 茂雄  栗和田 榮一  すぎ本 育生  加藤 尚武  藤村 宏幸  岡田 卓也  北村 必勝  佐和 隆光  新田 恭子  三橋 規宏  松下 和夫

レクチャー
週2回 / 1.5h

このコースのご感想をお送りください。


授業の特色

環境経営・環境政策をテーマに、企業トップ、環境NGO、有識者によるリレー講座として実施。全学共通科目であるとともに、公開講座でもある。実社会における環境問題への取り組みを素材とし、持続可能な社会の形成を考えることが本講座の目的。

授業の紹介

「環境を考える経済人の会(B−LIFE21)」のご協力によって、環境経営・環境政策をテーマにして、企業トップ、環境NGO、有識者によるリレー講座として実施する。毎回の授業では、各講師それぞれの立場での環境問題への取り組みと、受講生へのメッセージを込めた講義をいただき、その後質疑応答を行う。毎回の講義の後には、受講生に対し講義の感想、質問、意見などのアンケートを実施する。実社会の第一線における環境問題への取り組みを素材として持続可能な社会の形成を考えることが本講座の目的である。

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。