現在位置: ホーム ja 全学共通科目 (〜2010年)国際通貨論 教員について

教員について

ドキュメントアクション
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
  村瀬哲司  国際交流センター教授 経済学博士(京都大学)
 村瀬教授は国際金融論が専門で、KUINEP(京都大学国際教育プログラム)で「国際通貨 論」、公共政策大学院で「国際金融政策論」を担当している。海外での豊富な実務経験を 生かして、主として東アジアにおける通貨・金融協力のあり方について研究・提言活動を 行っている。主著「アジア安定通貨圏」(2000年)ほか共著多数。