現在位置: ホーム ja 全学共通科目 (〜2010年)生体リズムと健康

42 - (〜2010年)生体リズムと健康

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
生体リズムとうまく共存し健康な生活を営むためには、生体リズムを知ることが大切です。生体リズムの性質を学習し、実生活で実践できるよう基礎知識まで習得することを目標としています。
Course Image

担当教員

若村智子 准教授

レクチャー
週1回 / 1.5h

アンケート
このコースのアンケートをお送りください

授業の特色

生体リズムとうまく共存し健康な生活を営むためには、生体リズムを知ることが大切です。生体リズムの性質を学習し、実生活で実践できるよう基礎知識まで習得することを目標としています。

授業の紹介

ヒトを含めた地球上に生息するあらゆる生物は様々な周期の生体リズムを持って生活しています。その中でも特に概日リズムに関する研究は盛んに行われており、その一連の研究から概日リズムは私たちの日常生活での行動パターンや健康と密接に関連していることが明らかとなってきました。私たちの生活には24時間社会が定着しその結果、様々な恩恵を受けていますが、その一方で昼夜変化の乏しく生体リズムに逆らった生活で生体リズムは乱れ、これまでに見られなかった様々な生体リズム障害が問題となってきています。概日リズムは心身の健康のみならず、認知能力、作業能率など精神神経系にも重要であることから、生体リズムにとって最適な生活環境下で生活することが望ましいことは言うまでもありません。この講義は全学共通科目として専門的知識がなくても受講できるように構成されています。

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。