現在位置: ホーム ja 全学共通科目 有機分子たちを考えて日常生活を理解しよう

25 - 有機分子たちを考えて日常生活を理解しよう, 2012

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

有機分子たちを考えて日常生活を理解しよう

年光 昭夫

授業形態:ゼミ

対象:1回生

期間:2012年度 前期 火5限 1コマ 1回1.5時間 14回

 

授業の特色

最小限の有機化学の基礎知識で日常生活の有機化学を理解できることを示す。例えば、炭素―水素結合と酸素―水素結合の違いを認識できれば、油と水の違いが理解できる。この手法により、知識の使いこなし方を身につけられることが、本セミナーの特色である。

授業の紹介

有機化学の基本(共有結合の本質は2つの原子核による2つの電子の共有である。炭素や酸素の電子の最外殻の軌道は2sと2pであり、これらの軌道は形が異なり、混成することができる。ヘリウムやネオンと同等の電子構造になると(共有している電子を含む)、その原子は安定である。)のみを用いて、日常生活の(有機)化学を理解できるよう、ゼミに参加する学生にその考え方を身につけてもらう。身近な題材(授業計画に示す)を用い、最初はこちらから考え方を提示するが、その後、発展問題については学生自らが自分の考え方を述べ、さらに学生相互での議論を行えることを期待する。