現在位置: ホーム ja 全学共通科目 環境農学論

35 - 環境農学論 , 2011

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
環境農学論(武部 隆. 森本 幸裕. 北畠 直文. 小林 慎太郎. 舟川 晋也. 吉野 章. 深町 加津枝. 谷 史人. 田中 樹. 今西 純一. 水野 啓. 西前 出. 桝田 哲哉. 渡邉 哲弘)
Course Image

環境農学論

地球環境学堂 准教授 吉野 章 他リレー講義

授業形態:講義

対象:全回生,全学向

期間:2011年度 前期 金4

授業の概要目的

環境問題を考えるとき、社会に農業をどう位置づけるかが重要になる。本授業では、農業という側面から環境問題を考え、よりよい環境形成のための社会と技術のあり方を文系・理系の両面から考察していく。  講義は、地球環境学堂の農学系教員によるリレー講義で行われる。地球環境学堂は京都大学の研究科間の連携によって運営されている独立研究科であり、文理に亘る多様な専門領域の研究者の協働によって環境に関する教育と研究が行われている。本講を通じて、環境と農業・農村との関わりを、様々な側面から理解するとともに、農学が環境問題にどのような観点と手法でアプローチしているかを知ることができる。
受講生は、6分野13名の教員による講義を通じて、以下の点について考えてもらいたい。
1.農業・農村の持つ多面的機能の内実は何で,それは今どうなっているのだろうか?
2.農業・農村の持つ多面的機能は,社会的にどう理解され,評価され,何が求められているのだろうか?
3.持続可能な社会のために,農業・農村はどうあるべきなのだろうか?
4.持続可能な社会のために,市民は,どのような価値観をもって,農業・農村をどう理解し,何をしなければならないのだろうか?
5.持続可能な社会のために,社会的にどのようなコミュニケーションと合意形成が求められるのだろうか?