現在位置: ホーム ja 全学共通科目 グローバリゼーションと大学での学び

32 - グローバリゼーションと大学での学び, 2012

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

グローバリゼーションと大学での学び

森 純一(国際交流推進機構)
小林 潔司(経営管理大学院)
渡部 由紀(国際交流推進機構)

授業形態:講義

対象:全回生

期間:2012年度 後期

木4

授業の概要目的

グローバリゼーションが世界中で進み、好むと好まざるとにかかわらず、我々はその渦中に生きざるをえない。グローバリゼーションとは何だろうか、そのなかで生きる我々はどのような学びを必要とするのだろうか。グローバリゼーションの様々な様相とグローバル化のなかで求められる今後求められるグローバルな人材は何かを考える。授業はグローバル化が進む現代社会について本学の教員による講義とともに、日本社会や経済が直面する変化について、国際的な経営者など様々な分野で活動されている学内外の講師を招聘し、講演をお願いする。 (授業の目的) 1)グローバル社会について議論を深め、自らの言葉で語れるようになる。 2)グローバル社会で必要な知識、技能、資質を理解し、今後の目標を立てることができる。