現在位置: ホーム ja OCW アーカイブズ (〜2010年)農産加工学演習 I

020-001 - (〜2010年)農産加工学演習 I

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

担当教員

近藤 直 教授
清水 浩 准教授

レクチャー
週1回 / 1.5h

この授業へのご意見をお聞かせください。

授業の特色

複雑で多様な自然現象および動植物を対象とし,その光学的特徴を基に画像入力装置の基本的構成を学び,画像解析を行う演習である。一部,PCならびにソフトウエアを用いて実際の果実の画像処理を行う。全て英語で講義されることも本授業の特色である。

授業の紹介

現代は,規格化された工業製品だけでなく,自然界の植物,動物をも計測したり,制御・生産する時代である.一 方,近年の電気・電子技術等の発達により,高精度なTVカメラが安価に利用できるようになり,その応用範囲は拡大している。本授業では,不定形で多様な生 物を対象としたマシンビジョンシステムの構成要素,構築方法などを演習の形式で学ぶ。これにより,自然界における画像計測に関わる用語,知識を幅広く身に 着けること,動植物の成長,挙動に関連する特性およびルールが理解できること,画像計測装置の原理が理解できることを到達目標とする。 具体的には,電磁波の基本的性質,X線,THzなどの特殊な電磁波の発生メカニズム,色の表現方法,マシンビジョンシステムの構成,動植物の光学的特性, イメージング技術の応用事例の紹介などを行った後,PCを用いた画像処理演習を行う。

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。