現在位置: ホーム ja 法学部 民法III(債権総論)

02 - 民法III(債権総論)

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
民法第三編債権として、各種の債権発生原因(契約・事務管理・不当利得・不法行為)から生じる債権に共通の効果を規定している制度を概観し、現代の諸問題に対して、判例・学説が解釈によっていかに対応する諸準則を展開しているかを考察する。講義項目の順序・日程などの詳細な予定は、教科書等の説明と共に、最初の時間に示す。また、講義の際には、レジュメを配布する。
Course Image

担当教員

松岡 久和 教授

レクチャー
週1回 / 1.5h

アンケート
このコースのアンケートをお送りください

授業の紹介

民法第三編債権として、各種の債権発生原因(契約・事務管理・不当利得・不法行為)から生じる債権に共通の効果を規定している制度を概観し、現代の諸問題に対して、判例・学説が解釈によっていかに対応する諸準則を展開しているかを考察する。講義項目の順序・日程などの詳細な予定は、教科書等の説明と共に、最初の時間に示す。また、講義の際には、レジュメを配布する。

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。