現在位置: ホーム ja 農学部 遺伝学(2009年度)

72 - 遺伝学(2009年度)

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

担当教員

遠藤隆 教授

レクチャー
週1回 / 1.5h

このコースのご感想をお送りください。

授業の特色

本授業では、生物学の基礎知識が無くても遺伝の仕組みや物質的基礎をを学べるように、細胞分裂から講述する。

授業の紹介

遺伝とは、遺伝情報、すなわち遺伝子 (gene) が親から子に伝わるこどであり、ヒトを含むすべての生物にとって最も重要な事象である。G.メンデルが1865年に正しい遺伝の法則を最初に発表した。 1900年におけるメンデルの業績の再発見以降、遺伝学 (genetics) は科学の一分野となり、その後、人類遺伝学、バクテリア遺伝学、分子遺伝学など、いろいろな遺伝学に発展を続けている。本講義では、遺伝の仕組みと物質的基礎を、遺伝子の集合体である染色体という細胞構造に焦点を当てて講述する。以下の項目について講義を行う。(1)細胞分裂、(2)遺伝の法則、(3)染色体、(4)染色体の異常、(5)染色体の操作、(6)遺伝子突然変異、(7)遺伝子の操作

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。