現在位置: ホーム ja 農学部 動物環境生理学(久米 新一)

07 - 動物環境生理学(久米 新一), 2012

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
5240000
Course Image

動物環境生理学

久米 新一 教授 (農学研究科)

授業形態:講義

対象:3回生

期間:2012年度 後期 週1回 30時間

木1

授業の概要目的

動物の環境生理に関連した授業を行う。

授業の概要目的

動物は内分泌・免疫・生殖機能などを制御して体内の恒常性を一定に保っているが、地球温暖化などの環境変動は動物の恒常性を阻害することが知られている。本講義では、動物・家畜の生理・免疫・生殖機能などに及ぼす環境変動の影響と機能性成分を活用した生理・免疫・生殖機能の改善、地球温暖化などの環境変動と家畜生産との関係、放射能汚染と畜産物の安全性などについて講述する。