現在位置: ホーム ja 農学部 農学の新戦略

70 - 農学の新戦略, (〜2010年)

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

担当教員

豊原治彦 准教授

レクチャー
週1回 / 1.5h

 

このコースのご感想をお送りください。

 

授業の特色

農産物や畜産動物は交配により優良品種が作り出されてきたが,魚類については今なお天然資源依存性が高い.この授業では,近年発達してきた「増養殖」・「染色体操作」などすでに実用レベルにある魚類生産技術に加え,「遺伝子組換え技術」について解説する.

授業の紹介

近年,特にわが国において区切られた一定水域において魚類を畜養する「養殖」技術が発達し,現在ではマダイやブリなどではその生産量の多くをこの養殖に頼っている.さらに,天然では産卵後の短期間に多くの仔稚魚が死滅するため,人工環境下である程度まで飼育した後に天然に放流する「栽培漁業」とよばれる方法も魚類生産の向上を目指して開発されている.しかし近年では,このような放流授業が天然の遺伝子資源に与える影響も考慮するべきであるとの見解もあり,生物多様性の維持と人工的魚類生産との間には解決すべき問題も多い.染色体操作は水圧負荷や熱ショックにより染色体をセットごと操作する方法で,この方法を用いることにより3倍体,4倍体,性の統御,クローン系統の作出が可能となる,この技術はすでに実用レベルにあり,サケ科魚類などに適用されている.遺伝子組換え技術は特定の有用形質を規定する遺伝子を導入することにより,短期間に有用形質を付与しようというものである.成長ホルモン導入による大型化などすでに実験室レベルでは成功例があるが,遺伝子組換え生物に対する社会的受容の問題など,この方法は今後,解決すべき多くの課題を抱えている.

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。