現在位置: ホーム ja 農学研究科 農村土地利用計画論

09 - 農村土地利用計画論, (〜2010年)

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
農村計画において、土地利用秩序の形成や景観形成面から土地利用計画の果たす役割は大きい。しかしその実効性面で多くの問題を抱えている。この授業では、土地利用計画を有効ならしめる大きな要素としての、住民参加や計画体系、計画方法について述べる。
Course Image

担当教員

牛野 正 助教授

レクチャー
週1回 / 1.5h

アンケート
このコースのアンケートをお送りください

授業の特色

農村計画において、土地利用秩序の形成や景観形成面から土地利用計画の果たす役割は大きい。しかしその実効性面で多くの問題を抱えている。この授業では、土地利用計画を有効ならしめる大きな要素としての、住民参加や計画体系、計画方法について述べる。

授業の紹介

(1)京都府下を対象に土地利用上の諸問題と諸課題
(2)重層性に対応した総合計画の必要性
(3)総合計画における土地利用計画の位置づけ
(4)計画づくりにおける住民参加の有り様
(5)計画体系としての緊張モデルの紹介と適用例
(6)地区総合計画の計画方法としての神出方式の紹介と適用例
(7)ヨ−ロッパの土地利用計画の紹介

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。