現在位置: ホーム ja 工学研究科 情報メディア工学特論

02 - 情報メディア工学特論

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
可視化処理の基本技術の講義とシステム開発実習を通じて可視化技術を効果的に理解することができる。
Course Image

担当教員

小山田耕二 教授

レクチャー
週1回 / 1.5h

このコースのご感想をお送りください。

授業の特色

可視化処理の基本技術の講義とシステム開発実習を通じて可視化技術を効果的に理解することができる

授業の紹介

本講義では、可視化対象となるデータの分類と数値補間技術について基本事項を理解させ、それらのデータに対する可視化処理について習得させる。さらにシステム構築技法についての概要を説明した上で可視化システム開発の基本を理解させ、基本グラフィックスライブライリを使用した可視化システムプロトタイプの開発を経験させる。

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。