現在位置: ホーム ja 薬学部 (〜2010年)臨床薬物学

01 - (〜2010年)臨床薬物学

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
薬剤師国家試験で問われる学習内容の4分の1以上を占める薬理学のうち,特に生活習慣病など,薬物治療が主となる重要な疾患領域を対象にする。初回の講義において,学習の到達目標が具体的な55種類の薬物リストによって提示される。
Course Image

担当教員

金子 周司 教授

レクチャー
週1回 / 1.5h

このコースのご感想をお送りください。

授業の特色

薬剤師国家試験で問われる学習内容の4分の1以上を占める薬理学のうち,特に生活習慣病など,薬物治療が主となる重要な疾患領域を対象にする。初回の講義において,学習の到達目標が具体的な55種類の薬物リストによって提示される。

授業の紹介

循環器、血液系、泌尿器、呼吸器、消化器で発生する疾病の治療に用いられる薬物の薬理について、これら臓器の生理、疾患の疫学や発生機序、薬物治療のターゲットとなる生体分子と薬物の分子作用メカニズム、臨床応用での薬物選択における注意点や問題点に加え、新薬の開発動向や関連する学問領域の最新知見について講述する。受講者は解剖生理学や生化学など,人体に関する基本的な生物学的知識を有していることを前提としている。

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。