現在位置: ホーム ja 理学部 物理気候学

01 - 物理気候学, 2012

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

物理気候学

里村 雄彦

授業形態:講義

対象:3回生以上

期間:2012年度 前期 水2

授業の概要目的

大気放射、凝結、摩擦など大気の非断熱過程を中心に解説し、 地球の気候形成の素過程の物理的理解を得ることを目指す。気候の記述的知識ではなく、大気科学の知識を得ることによって気候形成・変動のメカニズム理解のための基礎をつくる。

授業の紹介

地球システム内のエネルギーの流れが気候を形成するが、その様々な形態について気候の記述ではなく大気科学の視点から講述する。具体的には、地質学的気候変化、惑星地球の基本データとその変化、大気放射学の基礎、混合気体の状態方程式、未飽和大気熱力学、飽和大気熱力学、雲・降水形成過程の入門、大気境界層の基礎、気候数値モデル紹介、などである。気候形成物理過程の基礎理解のため、大気の変化過程を記述する方程式を導出してその意味を解説し、実際への応用についても多数の図版を示しながら例示する。