現在位置: ホーム ja 経済学部 欧米経済史

04 - 欧米経済史, (〜2010年)

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

担当教員

坂出 健 准教授

レクチャー
週1回 / 1.5h

アンケート
このコースのアンケートをお送りください

授業の特色

本講義は、第二次大戦後から1970 年代にかけての欧州統合の史的展開をアメリカの欧州統合戦略の視点から時代毎の画期に分けて検討し、米欧相互依存関係の基本的構図を解説します。

授業の紹介

本講義の目的は、第二次大戦後から1970年代にかけての西ヨーロッパの経済復興・統合をパクス・アメリカーナの展開過程として把握することにある。パクス・ブリタニカ(19世紀までのイギリス主導の国際秩序)からパクス・アメリカーナ(第二次大戦後のアメリカ主導の国際秩序)への転換過程においては、イギリス帝国の解体問題ドイツ問題が大きな問題であった。第二次大戦後の西欧統合のプロセスを通じて、アメリカがこの2つの問題をどのように解決し、 1970年代までに米欧日相互依存システムを構築したか検討する。

技術的必要条件

オープンコースウェアの講座資料をご覧いただくには、アクロバットリーダーが必要です。アクロバットリーダーは、こちらのAdobe社 Acrobat Reader ダウンロードサイトからダウンロードできます。