現在位置: ホーム ja 総合人間学部 言語教育政策論演習

03 - 言語教育政策論演習, 2011

ドキュメントアクション
  • RSSフィード
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
Course Image

言語教育政策論演習

西山 教行

授業形態:演習

対象:2-4回生

期間:2011年度 前期 水4

授業の概要目的

この授業では19世紀末に活躍したフランス人著作家Leopold de Saussure(1866-1925)のフランス植民地主義に関する著作Psychologide la colonisatioon francaise dans ses rapports avec les societes indigenes (1899)を取り上げ,フランス植民地主義における言語問題を考察する。

Leopold de Saussureは近代言語学の祖Ferdinand de Saussure (1857-1913)の弟であり,中国学者にして,海軍士官である。植民地主義に関しては,本書一冊を残したのみであるが,19世紀末から20世紀にかけて,フランス植民地主義が同化主義から協働主義へと転換を遂げる上での重要なイデオローグの役割を果たした。本書は植民地同化主義の限界を明確に指摘し,フランス同化主義の源泉を大革命にあると看破するなど,その思想史的意義は大きい。また植民地会議にも論客としてたびたび招聘され,なかでも1900年に開催された植民地社会学国際会議での発言は植民地同化主義に決定的であり,それ以降,協働主義という緩やかな同化主義が植民地経営の基調となってゆく。

Leopold de Saussureの活躍した時代から100年以上経ち,いま改めてその著作を読み直すと,「人種主義者」の相貌の元に,異民族に言語を教えることは何を意味するのか,という根源的問題が立ち現れる。